話題のパンケーキ動画を見比べて「映える動画」を研究してみた

この8月1日に新卒社員2名を迎え、てんてこ舞いのSSCコンテンツチームです。
新卒の二人にとって悩みどころは山のようにあるのですが、直近では「記事に掲載するイメージ素材の撮り方」を学んでもらっています。

今回は、TwitterやInstagramで今話題のパンケーキ動画を見比べ、「どう撮るのがベストなのか」を導き出し、今後の素材撮影の参考にしてもらおうと思います。

「イシヤカフェ」の動画を見比べてみよう

TwitterやInstagramでよく見かける美味しそうなパンケーキ動画。最近話題なのが「イシヤカフェ」という新千歳空港のお店のものです。
そこでTwitter検索して出てきた動画の数々を見比べてみることにします。


ストロベリーの花模様は大変キレイなのですが、クリームが少し固かったようで、あまり動きがないようです。

https://twitter.com/MtoT2020/status/1163230163166875648
フレームの中に余計なものが映っていないので、大変素晴らしいのですが、クリームが少し固めなのとストロベリーソースが少なく見え、少し残念な感じになっています。


フィルムをよけるのがもう少し早いと、さらにいい感じになりそうです。

https://twitter.com/x_x_indigo_x_x/status/1165519025876561921
フィルムを外したあとの模様は最高なのですが、外す前のパンケーキの姿もフレーム内に入っているとベストかもしれません。


ティラミス編です。手前のぬいはとってもかわいいのですが、ピントがぬいに当たっているので、パンケーキが少しボケぎみになってしまっています。

https://twitter.com/snowf1225/status/1163350668133859328
フィルムの外し方はプロ級です。
加工なのでしょうか?画面全体が赤っぽく、ストロベリーソースの赤色が実物よりも暗い色になってしまっていて、少しもったいない感じがします。

https://twitter.com/material4405593/status/1164822080501665794
こちらは画面が白すぎるバージョン。もしかしたらレンズが曇ってしまっているのかもしれません。


フィルムを外すスピード、フィルムのよけ方、クリームの硬さ、模様、すべてにおいてベストに近いと思います。
欲を言えば、フレームの中にほかの商品がたくさん入っているので、それが無ければベスト・オブ・パンケーキ動画なのではないでしょうか?

イシヤカフェでパンケーキを撮るときのポイント

数々のパンケーキ動画を見比べた結果、以下のようなポイントを導き出しました。

  • ティラミスよりストロベリーの方が模様があり、色鮮やかなので写真映えする
  • クリームは硬めよりやわらかめのものがドロっと流れやすい
  • フィルムを持ち上げたときにクリームが滴るので、外したら超スピードで横か後ろによける
  • フィルムを持ち上げるスピードに注意(早すぎても遅すぎてもいけない)
  • フィルムとパンケーキがかぶらない角度から撮る(後ろに余計なものが入らないようにする)
  • カメラ係とフィルム外し係の二人いると無難に撮れる(一人しかいないときはカメラを固定する装置を必ず持参)

美味しそうなパンケーキ動画を撮るのには、こんなにもたくさんの工夫が必要なんですね。「インスタ映え道」は思ったよりも険しいようです。

Google・YahooのSERPs構成とそれぞれの検索順位を上げるSEO対応リスト・2020年9月版

動画需要は急上昇中!BtoB向け動画マーケティングをWithコロナの今やるべき理由

やってみてわかった動画SEO・VSEO|YouTube検索順位上昇のポイント

The following two tabs change content below.

立見

Webコンサルタント/Webマーケティング/広報/新規サービス企画/一部制作物の執筆・校閲・校正
中小の広告代理店勤務やフリーランス時代に編集・ライターとして、ナショナルクライアントのWeb広告・メディア制作に携わる(国内最大手のキャラクタービジネス企業、航空会社、老舗化粧品メーカー、外資系保険会社、電気通信事業者など)。Googleアナリティクスが世に出た2005年ごろ、SEOの基礎知識を体系的に学ぶ。以降も日々進化するアルゴリズムの最新傾向に乗り遅れないよう知識更新を続け、提供サービスの品質向上に努めている。SSC入社後は、幅広い業界・業態のコンテンツ制作に携わる(不動産業界団体、SaaSベンダー、BPO企業、旅行業者、Eコマース、医院、結婚式場等)。認知度の強化、問い合わせ数増加など、それぞれの課題解決やリードジェネレーションに貢献してきた。「Webサイトとコンテンツはユーザー本位であるべし」がモットー。