ホームページ制作・集客スクール

君は自分が書いた文章や撮った写真を盗まれたことはあるか?

thief-1562699_640

こんにちは。編集・ライター担当の立見です。
(今回のタイトルは杉良太郎の「君は人のために死ねるか」を少し意識したのですが、伝わっていますか?あいつの名はポリスマン…)

突然ですが、あなたは自分が書いた文章や、自分が撮った写真を盗まれた経験はありますか?
私はあります。

SEO業者サイトは収益性が悪いとわかったら早めに消える

あるとき自サイトの上位検索キーワードを調べていたところ、自サイトの検索順位より少し下の方に、自分が書いた記事と構成が非常によく似た、SEO業者が運営しているらしきサイトを発見しました。
しかし、自分より下だからいいか、とそのときは何も手を打たずに放置しました。
「SEO業者サイトは収益性が悪いとわかったら早めに消える」という法則がなんとなくわかっていたからでもあります。
以降、ときどき思い出したように文中の特徴的な一文を検索してパクリを発見してはほくそ笑む、を繰り返していました。

画像のパクリにかんしては、最近は便利なもので、Google画像検索に画像のURLを入れたり、画像を検索窓にドラッグ&ドロップすれば、その画像がコピーして使用(盗用)されているかどうか一発でわかるようになりました。いい時代です。

リンクが張ってあれば許したのに…

以前、NAVERまとめに自分が撮影した写真が貼られてるのを見つけたときは「引用元にリンクが張ってあるし、まあいいか」で済ませましたが、よくわからないキュレーションメディアにリンクもなく掲載されているのを発見したときは「リンク張れば許すけど」と運営元にメールしたところ、1両日中に削除される、というパターンを2、3回ほど経験しました。

だいたいのキュレーションメディアは面倒ごとを嫌うので、「私は面倒くさいぞ」というメールを送ればあっさり削除対応してくれます。
しかし大人気記事や画像となると話は別で、拡散のスピードが早すぎて削除依頼が間に合わない、といったケースも出てきます。
また、すでに広告に使用したとか、裏で大金が動いている記事などはそう簡単に取り下げないといった事例も見受けられます。
おかげさまで私が書いた記事や画像はそこまで大人気となることはなかったので、そういった難からは逃れられました(少し寂しい)。

削除申請したあとにやってしまった失敗

今までパクられた中で一番の苦い経験は、個人運営っぽいサイトに盗用され、連絡先が不明なのでGoogleに削除依頼を出したときのこと。
削除申請中についうっかりパクられた元の画像を一旦削除してしまい、あわててアップロードしなおしたのですが、Googleには「ほんとにそれオリジナル画像?」と疑われたのか、ついぞ削除の願いは受け入れてもらえませんでした。

コピペ、ダメ、絶対!

そんな経験をふまえて、数ヶ月ほど前に「コピペ、ダメ、絶対!」というタイトルの記事を準備していたのですが、しっかり書くには調査事項が多いため、面倒になってほったらかしにしていたところ、時は流れてこのたびのキュレーションメディア大騒動がおこった次第。

そう。ダメです。コピペも、画像盗用も。

そんなわけで、次回は「コピペチェックツールを比較してみた」をお送りします。

コンテンツマーケティング部門の心がけ

弊社がご提供するサービス「コンテンツマーケティング」の部門では、より多くの読者の方にWEBコンテンツが届くよう、検索エンジン対策としてのライティング以上に、人の目にも最適化された「読みやすい文章を書くこと」を重要視しています。

コンテンツマーケティングにお悩みのWEBサイト担当者の方は、ぜひ一度ご相談くださいませ。

The following two tabs change content below.
立見香

立見香

メディアディレクター/ライター
WEBコンテンツ部門のディレクター・編集・ライティングを担当。得意分野は温泉、登山、野外フェス、観光、群馬、うどん。登山系アウトドアショップと武蔵野うどん店が充実している浦和を愛する。最近、温泉ソムリエになりました。