SEO効果が出るコンテンツの本数と文字数はどれくらい?

(この記事は2021年5月18日に配信されたメールマガジンを再掲載したものです)

メールマガジン登録

 

SSC代表の佐藤です。

GoogleアナリティクスなどのWeb解析ツールで御社サイトの「集客チャネル」を見たときに、広告、SNS、直接流入(ブックマークなど)、参考リンク(個人ブログ、知恵袋など)からの流入と比べて検索エンジン経由(Organic Search)の割合が少なかったとします。

そこで「コンテンツマーケティングをやろう!」という話が社内でまとまったと仮定しましょう。

コンテンツマーケティングを実施するうえで、最初に皆さんが気にするのは、コンテンツ1本あたりの文字数はどれぐらいが適切で、どれぐらいの本数を用意するべきか、といったことかもしれません。

当社のブログでは、下記の記事を以前掲載しました。

検索順位を上げるSEOを意識した「コンテンツライティング」の手順

上記のブログを掲載した当時は「SEO効果が出るコンテンツの文字数にセオリーはない」とまとめましたが、その後の検証で「このくらいの検索ボリュームに対しては、これくらいのコンテンツ分量が望ましい」という目安を発見しました。

まずは御社サービスと関連性が深く、見込み顧客が興味を持ってくれそうな内容のコンテンツラインナップを設計し、コンテンツ1本あたりの密度を濃くする必要があります。そういった前提を踏まえて、コンテンツは「●●●●文字以上×●●本以上」を用意するのがベストだと当社は考えます。

詳しい内容は下記ブログをご覧ください!

SEO効果が出るコンテンツの本数と文字数はどれくらいか?検索意図との関係にも注目!

The following two tabs change content below.
Smart Style Complex Inc.

Smart Style Complex Inc.

創業2011年から現在まで、およそ200社のWebサイト・コンテンツ制作・コンサルティングを手掛けてきたWeb専門代理店です。営業に関するお知らせやプレスリリースのほか、当社で蓄積したWebマーケティングに関する知的資産(ナレッジ)を公開します。執筆者はデザイン、開発、SEO、コンテンツマーケティング、営業など各部門の専門家です。

メールマガジン登録

スマートスタイル・コンプレックス株式会社は、Web制作の現場で得た知見を、月1回メールマガジンの形にまとめて配信しています。お客様のインターネットビジネスにすぐに活かせる、お役立ち情報が満載です。 配信希望の方は、プライバシーポリシーをご確認・ご同意のうえ、下記フォームに必要事項をご記入しご送付ください。