ライター初心者に多い3つのミス・表現「たり」「〜いです」「することができる」

ライター初心者にもっとも多く見られるミスは以下の3つです。

  1. 「たり」の単独使い
  2. 「〜いです」
  3. 「することができる」

それでは詳しく解説していきます。

1.「たり」の単独使いは複数にするより書き換えた方がベター

例:ある程度の年齢を重ねると、周りの目が気になってしまったり、恥ずかしくて気後れしてしまう方も多いようです。

上記の文章をWordで編集すると、「たり」の部分には、青字で二重下線が入ります。「たり」は単独ではなく、複数回の使用が基本なので、

ある程度の年齢を重ねると、周りの目が気になってしまったり、恥ずかしくて気後れしてしまったりする方も多いようです。

と改めるか、

ある程度の年齢を重ねると、周りの目が気になり、恥ずかしくて気後れする方も多いようです。

といったように書き換えられます。複数に直さずに、上記のように書き換えた方が、よりスマートな表現になります。

2.「〜いです」は書き換える

例:ある程度の年齢を重ねると、周りの目が気になり、恥ずかしくて気後れする方も多いです。

校正チェックツール(https://enno.jp/check)などでチェックすると、最後の「いです」に対して、「つたない表現」という指摘が入ります。
この場合は「多いようです」「多く見られます」「多数です」などに言い換えて、再調整しましょう。

3.「することができる」はなるべく使わない

例:そのカフェでは、食べ物だけでなく、美しい中庭の景色を堪能することができます。

「することができる」や「することができます」は、ほとんどの場合「することが」を省ける冗長表現です。

そのカフェでは、食べ物だけでなく、美しい中庭の景色も堪能できます。

 

以上のようなミスやつたない表現、冗長表現は、覚えておくに越したことはありませんが、Wordや校正チェックツール(https://enno.jp/check)を駆使すれば未然に防げる軽微なものばかりです。

慣れないうちはツールを活用しましょう。

The following two tabs change content below.

立見

Webコンサルタント/Webマーケティング/広報/新規サービス企画/一部制作物の執筆・校閲・校正
中小の広告代理店勤務やフリーランス時代に編集・ライターとして、ナショナルクライアントのWeb広告・メディア制作に携わる(国内最大手のキャラクタービジネス企業、航空会社、老舗化粧品メーカー、外資系保険会社、電気通信事業者など)。Googleアナリティクスが世に出た2005年ごろ、SEOの基礎知識を体系的に学ぶ。以降も日々進化するアルゴリズムの最新傾向に乗り遅れないよう知識更新を続け、提供サービスの品質向上に努めている。SSC入社後は、幅広い業界・業態のコンテンツ制作に携わる(不動産業界団体、SaaSベンダー、BPO企業、旅行業者、Eコマース、医院、結婚式場等)。認知度の強化、問い合わせ数増加など、それぞれの課題解決やリードジェネレーションに貢献してきた。「Webサイトとコンテンツはユーザー本位であるべし」がモットー。