ライター初心者に多い3つのミス・表現「たり」「〜いです」「することができる」

ライター初心者にもっとも多く見られるミスは以下の3つです。

  1. 「たり」の単独使い
  2. 「〜いです」
  3. 「することができる」

それでは詳しく解説していきます。

1.「たり」の単独使いは複数にするより書き換えた方がベター

例:ある程度の年齢を重ねると、周りの目が気になってしまったり、恥ずかしくて気後れしてしまう方も多いようです。

上記の文章をWordで編集すると、「たり」の部分には、青字で二重下線が入ります。「たり」は単独ではなく、複数回の使用が基本なので、

ある程度の年齢を重ねると、周りの目が気になってしまったり、恥ずかしくて気後れしてしまったりする方も多いようです。

と改めるか、

ある程度の年齢を重ねると、周りの目が気になり、恥ずかしくて気後れする方も多いようです。

といったように書き換えられます。複数に直さずに、上記のように書き換えた方が、よりスマートな表現になります。

2.「〜いです」は書き換える

例:ある程度の年齢を重ねると、周りの目が気になり、恥ずかしくて気後れする方も多いです。

校正チェックツール(https://enno.jp/check)などでチェックすると、最後の「いです」に対して、「つたない表現」という指摘が入ります。
この場合は「多いようです」「多く見られます」「多数です」などに言い換えて、再調整しましょう。

3.「することができる」はなるべく使わない

例:そのカフェでは、食べ物だけでなく、美しい中庭の景色を堪能することができます。

「することができる」や「することができます」は、ほとんどの場合「することが」を省ける冗長表現です。

そのカフェでは、食べ物だけでなく、美しい中庭の景色も堪能できます。

 

以上のようなミスやつたない表現、冗長表現は、覚えておくに越したことはありませんが、Wordや校正チェックツール(https://enno.jp/check)を駆使すれば未然に防げる軽微なものばかりです。

慣れないうちはツールを活用しましょう。

The following two tabs change content below.
立見香

立見香

メディアディレクター/ライター
WEBコンテンツマーケティング部門でディレクター・編集・ライティングを担当。実績については【コンテンツマーケティング成功事例】1年半横ばいだったアクセス数を6倍に増やした時にやった12のことをご参照ください。得意分野は温泉、登山、野外フェス、観光情報、群馬、うどん。