【Q】BtoB企業がローカルSEO対策(MEO)をする意味はある?【A】あります!ライバルが少ない今が狙い目です

Web集客手法の一つとしてSEOとともに近年注目されている「ローカル検索対策」、別名MEO(Map Engine Optimization)。

飲食店や小売店、医院、結婚式場、学習塾、不動産業者、工務店…といった実店舗を構え、サービスを提供する地域がある程度絞られているBtoCビジネスだと、ローカル検索対策をするのは当たり前と言っていいかもしれません。

また、マップ上の検索対策だけでなく、各業種ごとに存在するリクルート系(ホットペッパー、ゼクシィ、SUUMO)、価格コム系(食べログ、フォートラベル)、ぐるなび系(レストラン、デリバリー)、くふうカンパニー系(オウチーノ、みんなのウェディング)などのポータルサイト内でも、地域検索対策をしている店舗も多いことでしょう。

それでは、実店舗を持たないBtoBビジネスが中心の、私たちのようなWebコンサルティング・制作会社は、ローカル検索に一体どう向き合っていくべきなのでしょうか?

今回は、Web制作会社がローカル検索(MEO)強化をする意味はあるのかを考察し、強化施策として実際に何をやればいいのか、当社が実践した内容を合わせてお伝えします。

【Q】Webコンサル・制作というBtoBの業種で「地域検索強化」をやる必要はあるのか?【A】あります

meo

当社のようなWebマーケティング・Webコンサルティング会社は、ローカル検索の最適化を意識していない会社がほとんど、という実感があります。

というのも、「Googleマイビジネス」というGoogleMapにひもづいた検索情報を分析できるツールの中には、近隣地域にあるライバル企業の更新情報を表示してくれるメニューがあるのですが、競合候補として横浜市旭区にあるマーケティング会社などが出てきてしまい、「この会社が本当に近隣のライバルなのか?」と首をかしげることもしばしばだからです。

当社のGoogleマイビジネス上で表示される「近隣競合他社」の情報精度があまり高くない理由には、下記の2つのことが考えられます。

  • Webコンサルティングのサービス対象地域は全国。サービス提供者が「近所の人」であることにメリットを感じるお客さんは少ない
  • ゆえに地名検索を強化しない同業者が多い

ではサービス提供地域を限定しない業種の会社にとって、Googleマイビジネスというツールは本当に価値がないものなのなのでしょうか?

東京で「Web制作会社」とMap検索すると、当社のGoogleマイビジネス情報が上位に出るんです!

逆に、都内でGoogleMapを開いて「Web制作会社」や「ウェブマーケティング 会社」等のキーワードで検索をすると、浦和に所在する当社SSCの情報が、検索結果の10位以内に(稀に)表示されることがわかりました(Googleマイビジネスのメニュー「インサイト」で発見)。

地図検索をしたときに、キーワードにマッチする会社等の情報が相当数ない場合、GoogleMapは「ユーザーの利便性向上」のため、エリア範囲を自動的に拡大するのです(AppleのMapでも似たような動作をします)。

つまり、ローカル検索強化をする競合が少ない今だからこそ、マップ検索では上位表示が狙える、ということに他なりません。

ローカルSEOはGoogleマイビジネスの調整だけにあらず

そこで自社SSCの地域SEOを強化すべく、Googleマイビジネスの掲載情報(営業時間、サービス追加、サイト更新のお知らせ、キャンペーンの追加など)を整えました。

また、それ以外の地図サイトや、当社の住所情報を掲載してくれているWeb制作マッチングサイト、求人サイトなどにコンタクトを取り、古いもの、足りないものなどを確認し、最新情報にリフレッシュしました。

さらに、未登録だったAppleMapの審査も通過し、掲載できそうなので(現在待機中)、その手順も記録しておきます。
これから自サイトのMEOを手がけるWeb担の方は、ぜひご参照ください。

【電話確認あり】Yahooプレイス登録の手順

昨年末から病院や飲食店以外の多様な業種のビジネスに対応するようになったYahooプレイス。
ビジネス申し込みは無料ということで、下記のページから事業者として申請をしました。

Yahoo!プレイス 新規利用のご案内

その後、電話確認の旨を伝えるメール連絡があり、在社時の電話確認を経て、めでたくYahooプレイス審査を通過!
現在はこんな感じで会社情報を載せてもらっています。

Yahoo!地図の当社情報ページ

スマートスタイル・コンプレックス株式会社-Yahoo!地図

データベース全体に浸透するまで時間がかかるせいか、Yahoo検索の「地図」の項目ではまだ「該当情報なし」となってしまいますが、地図サイトに移動してから「スマートスタイルコンプレックス」(中黒なし)と検索すると、検索結果に出てくるようになりました。

【電話で「確認コード」の音声ガイダンスあり】AppleMap(Maps Connect)の登録手順

まずはAppleのMaps Connectにアクセスし、自分のAppleIDでログインし、自社の住所情報を登録。
登録手続き画面に、「会社の電話宛に確認コードを音声で伝える」というメッセージが出ます。

このときリモート勤務中だったため、自社に電話し、電話を取ってくれたOさんに「このあとAppleから何桁かのコードを伝える電話がかかってきます。もし英語だったらすみません!」とお願いしておきました。実際に電話を受信したOさんによると、日本語の音声だったそうです。

その後、確認コードを入力し、住所登録終了!
と思いきや、「郵便番号が間違っている」というアラートが出てしまい、ハイフンなし、ハイフン入り、といろいろ入力しても通らず…。
さらに、地図のピンがなぜか室蘭市と登別市の間に刺さってしまうというエラーも発生しました。

Appleに問い合わせたところ、郵便番号エラーやピンのエラーには一切触れず、会社の外観、看板、受付等の写真を送るよう要請がありました。
そこで出社時に外観等を撮影した画像を添付して送付。

当社受付

その後Maps Connectのプロフィールを無事承認してもらい、マップで情報が閲覧できるようになったらまたメール連絡する、という旨のメールを受信しました。

【電話確認あり】iタウンページの変更手続き

「スマートスタイルコンプレックス」(中黒なし)で自社を指名検索すると、iタウンページの掲載情報にヒットするものの、内容が住所、電話番号、業種のみだっただめ、お問い合わせフォームから、URLも記載してもらえるかをお問い合わせ。

早めに返信があり、申請したURLもタウンページ側で確認できたということで、電話確認を経て審査通過!
データベースへ反映されるまでしばらく時間がかかるとのことでしたが、2020.6.30現在、URLとリンクが表示されているのを確認できました!

iタウンページの当社情報ページ

スマートスタイル・コンプレックス株式会社(さいたま市浦和区高砂/インターネット関連サービス、インターネット広告、インターネット広告制作、インターネット広告代理店、ウェブ制作、ウェブデザイン)-iタウンページ

【メール連絡あり】マピオンの変更手続き

こちらも指名検索で自社情報にヒットするものの、業種が少なかったため、「記載情報や位置の訂正依頼はこちら」リンクから問い合わせページに飛び、「対応業種が増えたので追加してほしい」といった旨のメールを送付。

その後メール返信があり、「反映しましたが、全体反映までもう少しかかります」との回答をいただきました。
マピオンさん、ご対応ありがとうございました!

マピオン電話帳の当社情報ページ

スマートスタイル・コンプレックス株式会社(さいたま市/通信・電話会社,宣伝・広告業,IT関連)の電話番号・住所・地図|マピオン電話帳

【会員としてログイン後に変更】Wantedlyの変更手続き

こちらも指名検索で自社情報がヒット。サイトURLがSSL化以前のURLだったので、管理画面にログイン後、基本の企業情報を修正しました。

Wantedlyの当社情報ページ

スマートスタイル・コンプレックス株式会社の会社情報 – Wantedly

【登録時の担当者不明で右往左往】Find Job!の変更手続き

指名検索で自社情報にヒットするものの、引っ越し前の古い住所(浦和区岸町)が記載されており、かなり昔(2014年以前)に登録したアカウントの模様。
代表アドレスと採用担当者名を入れてパスワードを再発行しようとするも「企業情報なし」とのこと。
仕方がないので総合的な問い合わせフォームから、候補アドレスを5つほど列挙し、代表アドレスに統一したい旨をお伝え。

その後Find Job!から丁寧な回答があり、なんと候補としてあげたアドレスのどれも該当しないことが判明。管理するアドレスを代表アドレスに切り替えていただき、ようやく企業情報を更新できました!

Find Job!の当社情報ページ

スマートスタイル・コンプレックス株式会社(代表:佐藤 聡)の会社概要 | Find Job!

【メール連絡あり】ベースコネクトの変更手続き

指名検索で自社情報にヒット。新しくなった自社サイトURL、従業員数等を最新情報に変更できるかお問い合わせ

その後返信があり、現在の従業員数を明記したページの所在を問われたので、自社サイトの方も情報更新してURLを明示。
無事、最新情報を反映していただきました。

ベースコネクトの当社情報ページ

スマートスタイル・コンプレックス株式会社|Baseconnect

【電話問い合わせでアカウント発行】Web幹事の変更手続き

Search ConsoleやGoogle Analyticsで随分前からリンクしてもらっていることを認識していた、Web制作会社ポータルサイト「Web幹事」。ありがとうございます(社員一同)。

自社の指名検索でも上位に掲載ページがランクインしているものの、コンタクトフォームがコロナ禍のためか存在せず、「対応してもらえるのだろうか…」と不安に思いながら直接電話でお問い合わせ。
すると「アカウント発行しますので、ご自由に登録情報をいじってください!」とのこと。
大変親切にご対応いただきました。

Web幹事の当社情報ページ

スマートスタイル・コンプレックス株式会社の制作情報 | 埼玉県のホームページ制作会社 | Web幹事

【激しく電話連絡あり】アイミツの変更手続き

自社の指名検索で当社の情報にヒット。とはいえSSL化以前のサイトURL(http://〜)だったため、発注者として登録し、データを最新の状態に変更。

アイミツの当社情報ページ

スマートスタイル・コンプレックス株式会社の評判と実績|業者比較と一括相見積りサービスのアイミツ

【重複の削除申請が全然通らなかった】Googleマイビジネスのビジネス変更手続き

GoogleMap上には長らく「スマートスタイル・コンプレックス株式会社」と「スマートスタイル・コンプレックス(株)」の2つのアカウントがある状態が続いていました。

Google宛に何度か「重複による削除申請」を試みたものの、なかなか反映されずに数ヶ月が経過していました。そしてついに昨日(2020.6.29)、集約を目指していた「スマートスタイル・コンプレックス株式会社」が表示されるようになりました!長かった…。

Google マップ

 

以上です。

今回紹介したサイト以外にも、いくつか問い合わせをしたのですが、回答がなかったor遅かったサイトについては未掲載にしました。進捗があれば追加する予定です。

これらの実施策の成果は、後日、別立てでお知らせします。ではまた次回!

The following two tabs change content below.
Smart Style Complex Inc.

Smart Style Complex Inc.

創業2011年から現在まで、およそ200社のWebサイト・コンテンツ制作・コンサルティングを手掛けてきたWeb専門代理店です。営業に関するお知らせやプレスリリースのほか、当社で蓄積したWebマーケティングに関する知的資産(ナレッジ)を公開します。執筆者はデザイン、開発、SEO、コンテンツマーケティング、営業など各部門の専門家です。