困ったときのFacebook頼み!モンステラのピンチに学ぶSNSの活用術

002

こんにちは、岡部です。

昨日、会社のFacebookページでこんな投稿をしました。

001
こんな投稿。モンちゃん……!!

結果、たくさんのコメント、シェア、リアルでのお声がけ、果ては友達の花屋さんに聞いてみたよー、という方まで現れ、非常に多くの方に気にかけて頂きました。ありがとうございました。

みなさまから頂いた情報をまとめますと、水やりの頻度は良いっぽいので、恐らく寒さにやられたというのが濃厚な原因のようです。

弱った葉っぱ一枚だけアップしてしまったがために、お葬式ムードな感じだったのですが、上の方はまだ青々としているので、黄色くなった葉っぱはとりあえず取り除いて、しばらく様子を見てみようと思います。

002
まだまだ元気そう。がんばれ、モンちゃん!!

困った時のSNSの活用方法について

今回のケースのように、何か自分で解決できそうにない問題に遭遇したとき、SNSは非常に強力なお助けツールになり得ます。え、もう知ってるって?書くネタが無いんだ、仕方なかろう!!

たとえば、迷い犬/猫の捜索。

従来まで、そういった時は張り紙などを近隣に貼りまくる、近隣住人に聞き込みする、ぐらいしか対処方法がありませんでした。

しかし、SNSの普及によって、犬や猫の写真、いなくなった場所や時間の情報を、FacebookやTwitterへ投稿することによって、心配する方々が自発的に情報を拡散してくれたりします。また糸井重里さんなどは、そういったツイートを率先してリツイートする活動を行われているようです。

004
例えば、こんな感じで。

このように、多数のフォロワーを持つ有名人に頼ってみるのもひとつの手でしょう。

〇〇が壊れたっぽいけどうすればいい?、〇〇が出来る人いない?、〇〇に詳しい人教えて!!、〇〇余ってませんか?、など、場合によって様々な使い方が考えられます。直接的な繋がりの中で解決できそうにない問題でも、情報が伝播していく中で解決されることもあるかもしれません。

注意しなければいけないこと

SNSは人と人との繋がりを重視した、コミュニケーションの場です。便利だからといってあまり勘違いした行動をとってしまうと、逆に反感をかってしまい、誰も反応してくれなくなったり、場合によっては炎上したりするので、注意が必要です。ということで、活用するにあたっての注意点をいくつかまとめてみました。

調べてすぐ分かることは聞かない

自分でちょこっと調べれば解決できるのに、あえてそれをやらない。最初はみんな答えてくれるかもしれませんが、あまり頻繁に繰り返すと、またやってるよ……と、相手にしてもらえなくなる可能性があります。ググレカスと言われる前に、まずはちょこっと調べてみることをオススメします。

内容が具体的でない

あまりに内容が大雑把すぎて、答えようにも答えようが無い、そんな投稿です。見てくれる人のことを考え、必要そうな情報は事前に書いておきましょう。内容によっては、詳細が書けない場合もあると思いますので、そのようなケースでは、詳細は個別にやりとりしたい旨を書いておくというのも、ひとつの手です。

過度な期待はしない

前述2つのような内容の投稿だったり、内容が専門的すぎる内容だったりすると、誰も反応してくれないということも、十分あり得ます。というより、みなさま好意で反応してくれている訳ですから、反応なんかそんなに来るものではない、反応が来たらラッキーぐらいの心構えでいるべきです。あまりに反応がないからといって、催促するように再投稿されている方も稀に見ますが、悲壮感丸出しで逆に反応し辛いです。あきらめましょう。

ちゃんとお礼/結果を報告する

無事反応があって、問題が解決した場合。反応してくれた人は、その後の経過が気になっているはずなので、お礼や結果の報告は、きちんと行うようにしましょう。きちんとレスポンスせずに放置してしまうと、「前のアレはどーなったの……?」と、次は助けてもらえなくなるかもしれません。

番外:公式/非公式リツイートを使い分ける

おまけです。これは助けを求める側ではなく、反応する側の注意点です。Twitter限定の話ですが、リツイートする際は、公式/非公式の種類を意識しましょう。問題は解決したのに、非公式リツイートで情報が拡散され続け、対応に追われる続ける……というケースがあるため、特に非公式リツイートは注意が必要です。

詳細はコチラ:Twitter初心者に捧ぐ!公式リツイートと非公式RTの違いとメリットとデメリットとは? | 和洋風KAI

モンちゃんの根っこが……

ところで、今回の件でモンちゃんをよくよく眺めていると、根っこの部分が土からはみ出ていました。

003
中央部分、根っこが……

これ、後から生えてきたくさいのですが、このままにしていても大丈夫なものなのでしょうか……?教えて、詳しい人!!(後でFacebookに投稿しようっと)

The following two tabs change content below.
岡部 征爾

岡部 征爾

取締役副社長
熊本県出身。SSCのディレクター兼デザイナー。猫飼い、バイク乗り、隙あらばライブに行きたい人。レスポンシブデザイン、WordPressが得意、three.js勉強中。企画提案からデザイン、開発まで、一通り担当してます。