学生に読んでもらいたい、オピニオンニュースサイトまとめ 6選

こんにちは、高橋です。

今日は、学生の方に読んでもらいたい、オピニオンニュースサイトを紹介したいと思います。学生のうちから、ニュースを読んでおけば知識を増やすことができます。オピニオンサイトは、政治家やジャーナリストや一般人の方など、様々なユーザーが投稿したオピニオンを閲覧することができるサイトのことです。

・BLOGOS(ブロゴス)- 意見をつなぐ。日本が変わる。

blogos

BLOGOSは、日本初の提言型ニュースサイトです。政治家から中学生までの意見がフラットに並ぶ面白さが特徴とされています。
「フィルタがかからない生の声を伝えます」。「意見を発信できる土俵を作ります」。「提言が生まれる場を目指します」の3つをBLOGOSの約束としています。
BLOGOSは、ブログを「日記」ではなく、「意思表明の場」と捉える政治家、「本音」を語れる研究者、法曹、医師、官僚、会社員など、多種多様な書き手が情報を発信しています。
インターネットなので、「紙面の限界」はありません。ノーカットで余さず伝え、読み手と書き手をつないでいます。
BLOGOSは、誰でも自由に意見を言うことができ、年齢も思想の左右の区別もされていません。幅広い人の意見を聞くことができます。政治や経済の記事が多いので、政治や経済に興味がある学生さんにおすすめです。

・アゴラ 言論プラットフォーム

アゴラ

アゴラは、言論プラットフォームサイトです。政治、経済、法律、教育、社会・一般、IT・メディア、科学・文化の記事が載っています。
アゴラは、他のサイトに比べちょっと敷居の高い感じのするサイトだと思います。でも、政治や経済などに関して深く考えられている記事が多いです。
セミナー記事もあり、アゴラ読書塾や起業塾と称され、「明治国家を考える」や浮沈激しいゲーム業界についての記事「次なるガンホーを探せ」などの事柄が考えられていて記事として載っています。
また、小学生の子供が読む「こども版」というものもあり、「デフレは終わったの?」などの疑問に答えています。アゴラは、サイトの感じは読むのに敷居が高そうですが、読んでみると分かりやすく書かれている記事が多いです。

・cakes(ケイクス)

cakes

cakesは、デジタルコンテンツ配信プラットフォームです。コンテンツとのまったくあたらしい出会いの場として、読者とクリエイターをより身近に結びつけ、モノづくりをもっと楽しくします。
cakesは、無料で楽しめる記事がたくさんありますが、有料会員(1週間150円)になるとすべての記事を読むことができます。
多彩なクリエイターによる5199本以上の記事を読むことができます。例えば、『オリーブ』と1983年の女子大学生と書かれたエッセイや「研修医は見て学ぶ」と書かれたマンガが描かれた記事が載っています。
普通の政治や経済の記事ではなく、クリエイトに特化されたサイトなので、デザインやクリエイタ-に興味がある方におすすめしたいサイトです。

iphone、ipad、Androidアプリ(無料)で見ることができます。

・WEBRONZA(ウェブロンザ)

webronza

WEBRONZAは、朝日新聞社がお届けするウェブベースの新しい言説の空間です。
日本、そして世界で日々起きるニュースを踏まえ、「政治・国際」、「経済・雇用」、「社会・メディア」、「科学・環境」、「文化・エンタメ」の5つのジャンルで「注目のテーマ」を設定します。社内外で活躍する第一線の筆者陣による迅速な解説や独自の論考が連日アップされています。
読み応えのある特集の「WEBRONZAスペシャル」、アカデミックジャーナリズムを旗印にする「シノドス・ジャーナル」や、有力ブロガーが発信する「Bloggers Today」、世界各地の今を紹介する「Global press」、「NPO交差点」などと合わせ、ネット上にある膨大なニュースや情報が分かりやすく提示されています。
WEBRONZAは、有料のサイトです。全てのジャンルの論考を読むことができる全ジャンルパックは月額700円(税抜)。1つのジャンルのみの場合は月額250円(税抜)となっています。
WEBRONZAは、1つ1つのニュースに対しての論考が書かれていて、いろいろなジャンルの記事があるので、読んでいて為になると思うし、いろいろな方の意見を知ることができます。

・ハフィントンポスト – ニュース速報まとめと、有識者と個人をつなぐソーシャルニュース

ハフィントンポスト

ハフィントン・ポストは、アメリカ合衆国のリベラル系インターネット新聞です。様々なコラムニストが執筆する論説やブログ記事が載っています。政治、経済、国際、社会、テクノロジー、ライフスタイル、スポーツ、世界のニュースなど幅広い分野を扱っています。
このサイトは、日本版のサイトもあります。TOPページでブログの項目が大きく描かれているので、ブログの記事をこのサイトでは、おすすめしていると思います。
ブログに書かれていることは、他のサイトに比べてちょっと変わっていると思います。例えば、『「why?」を声に出すことの重要性ー日本人に欠けている、「質問力」』や「絵本『かないくん』に健やかな世界の萌芽を見る」などブログのタイトルから変わっています。普通の経済や政治について書かれているブログもありますが、私は、変わっているブログタイトルが多いなぁと感じました。変わった論考や記事を読みたい方におすすめしたいサイトです。

・Yahoo!ニュース「個人」

yahooニュース

Yahooニュース個人は、ヤフーが運営する「Yahoo!ニュース」の新コーナーとして、ジャーナリストやブロガーなど個人が直接記事を入稿し、Yahoo!ニュース読者に届けられるサイトです。
政治、経済、ITなど各ジャンルの書き手が参加しています。Yahoo!ニュースに「個人」カテゴリを追加し、「映像」、「雑誌」などに並んで「個人」のタグを新設し、個人の記事は、Yahoo!トピックスに掲載していたり、トピックスやニュース記事関連記事としてリンクを貼るなどして、ニュース読者が読めるようにしています。
Yahoo!ニュース「個人」は、今回紹介したオピニオンサイトの中では、1番読まれているサイトだと思います。yahooがやっているオピニオンサイトなので、誰でも読めるように分かりやすく書かれています。あまり、ニュースを読んだことのない方におすすめします。ニュースを読むのに慣れていない方でも簡単に読むことができるサイトだと思います。

普通の新聞やニュースの記事を読むことも大切です。でも、より幅広い、自由な意見が書かれているオピニオンサイトを読むことによって、知識が深まるし、「こういった意見の人もいるんだ」と理解することができます。時間があるときにでも、サイトを覗いてみてはいかがでしょうか。