ホームページ制作・集客スクール

初心者が「インタビュー記事」を簡単に書く方法

インタビュー

SSCコンテンツディレクターの立見です。今回の記事はライターの内山さんによる執筆なのですが、なぜこの記事を書いてもらおうと思ったのか、その背景と経緯をまず私の方からご説明します。

弊社が運営するフェス情報サイトフェスティバリーには、フェス出演者や出店者をはじめ、来場者のインタビュー記事を多数掲載しています。

苗場フジロックの大空に“民謡”が響きわたる!津軽三味線奏者・小山豊さんインタビュー

伝説のフェス女子「えみ」さん登場!今年のフジロックをどう過ごしたか聞いてみた

各記事のインタビュアーは、本職のライターだけでなく、学生インターンやアルバイトライターなど、多数のインタビュー初心者に担当してもらいました。
そんなインタビュー初心者たちがなぜインタビュー記事を実際に書けるようになったのでしょうか。それは「インタビューの流れと質問をリストアップしたフォーマット」を事前に用意したからです。

今回はそのフォーマットに則ってインタビューを実施したライターの内山さんに、初心者ライター向けの「インタビューのイロハ」を解説してもらいます。
これからインターンとして弊社に入社し、フェスティバリーでインタビュー記事を書きたいと思っている学生さんは、この記事を参考にしてみてください。

インターンシップの詳細

インタビューって何を聞けばいいの?

「インタビュー記事を作りたいけど、どのように話しを聞き出したらいいのかわからない」「インタビューの音声文字起こしをしてみたけれど、どのようにまとめたらいいのかわからない」と悩んだことはありませんか?

私はあります。熱意だけでインタビューの企画を立ててみたものの、下記のような課題に突き当たりました。

  • 取材対象のことを調べたけれど、実際に対面したとき、どのように、何を質問したらいいかわからない
  • インタビュー音源の文字起こしをしたけれど、そこからどうまとめたらいいのかわからない

このように悩んでしまい、一つの記事を仕上げるのに大変時間がかかってしまいました。

そういった悩みをいち早く解消し、スムーズなインタビュー記事作成を手がけるため、今回は「インタビュー記事を効率的に書くためのフォーマット」をご案内します。

インタビューの事前準備

インタビューの事前準備というと、

  • インタビュー相手や業界について事前に調べる
  • インタビュー相手や業界に関連しそうな時事ネタを勉強する
  • 著名なインタビュアーの書籍を読む

といったことが浮かぶのではないかと思います。このような下調べはもちろん必須ですが、実際にはそれだけでは足りません。現場に流れる緊張した空気から、勉強してきた事柄や質問しようとした内容が飛んでしまうこともあるからです。

そんな失敗をして、結果精度の低いインタビューになってしまい、編集に時間がかかって他の仕事を圧迫してしまうこともしばしば。そのような失敗に陥らないためにも、インタビューフォーマットを用意して事前に聞きたいことを整理しておきましょう。
もし緊張してパニックになってしまっても、手元の資料を見れば何を聞けばいいのか、すぐに思い出せるようになるはずです。

インタビュー執筆フォーマット

以前から使っているフォーマットは簡素なものだったので、新たに改訂したものを用意しました。
※Web Designing 2018年6月号の「未経験者でもスラスラ書ける?効果抜群の執筆フォーマット」を加工したものです。

インタビュー記事のメインタイトル

テーマを的確にあらわし、ターゲットを意識したタイトルをつけます。なるべく無駄なく簡潔に、かつキャッチーなものを考えましょう。

1.イントロダクション

小見出し1

展開要素)

  • 自己紹介
  • メインテーマに自然に入るためのアイスブレイク(前段)
  • 前提条件の説明(媒体説明、読者像など)
  • 挨拶の後に、この記事で展開したいテーマを明示
  • ターゲットがわかるような記述
  • ゴールの明示

etc

2.概要的な話(過去)

小見出し2

展開要素)

  • いつ?誰?なぜ
  • 過去、これまでの話

etc

3.テーマに関する中身の話(現在)

小見出し3

展開要素)

  • 何を?どのように?
  • 現在進行形の話は?
  • 具体的な話
  • どんな変化があるのか
  • 上記に対する見解の深掘り

etc

4.展望や感想(未来)

小見出し4

展開要素)

  • 未来への展望・希望
  • 今後の課題
  • 締めの(未来に向けた)メッセージ

etc

(出典:Web Designing 2018年6月号)

立見注:これらの項目に、インタビュイー(取材相手)へ聞きたい具体的な質問内容をリストアップして足しておくと、聞き漏らしも防げて良いでしょう。相手の予定や取材時間によって、聞きたい内容を全て聞けない場合もあるので、各質問に優先順位をつけておき、飛ばせる質問を把握しておくと、時間が差し迫ったときにも慌てずに済みます。

また、インタビュー記事は相手の協力があってこそ成立するものです。インタビュイーが聞いてほしい必須質問やプロモ事項だけでなく、NG質問などを事前に教えてもらうとやりやすくなります。教えてもらえなくても、ある程度こちらでもNGを想定しておけば、「場の空気が凍る」といった緊張状態を防ぐことができます。

フォーマットを基にインタビューしてみた結果…

上記のインタビューフォーマット、質問項目がスッキリまとまっているので「何をどう聞こう?」という悩みが軽減されるのではないでしょうか。書く時間も大幅に短縮できそうです。何より「このようなフォーマットがあるなら、インタビューできるかも」という気持ちになってきませんか?

このフォーマットを知り、私は友人2人にインタビュー記事の練習をさせてもらう約束を取り付けました。身近な友人なら相手の長所も知っているし、緊張せずにインタビューできるのでは?と感じたからです。

立見注:フォーマットを用意してインタビューをおこなったことで、どういった記事が出来上がったのか、読んでみてどう思ったのか、どのような発見があったのか、のちほどこちらに追記してもらう予定です。

作った記事は、多くの人に読んでもらってフィードバックを受け取り、短所を改良して次に生かすことが大切です。練習を重ねてインタビューに慣れ、多くの人に読まれる記事を作っていきたいと思います。

The following two tabs change content below.
内山 奈保

内山 奈保

芸能ニュース、スピリチュアル、生活まわりの情報に強い40代の主婦Webライターです。