ホームページ制作・集客スクール

羽田おみやげ館-1 「失敗しないおみやげの選び方」4か条

はじめまして、インターン生の松沢です。

大学2年生、家から大学までの距離なんと46km、時間にして2時間の通学を毎週がんばっております。

おかげで通学時間の暇をつぶすために、読書という趣味が生まれました。

ありがたいことです。


そんなわたくし、松沢がお届けしたい記事は、私のアルバイト経験を元にしたものです。

羽田空港の某売店でアルバイトをしていたのですが、「どのおみやげを買うか」で悩まれる方がかなりいると感じました。

中には、「孫に買うのだけど何が喜ぶかしら」「おばあちゃんでも食べられるような柔らかいものはない?」などなど、おみやげを受け取る人に喜んでもらおうと、店員さんにいろんな質問をしてじっくり選ぶ人もいます。

そこで、どんなおみやげを買えば良いか分からないという人にアドバイスを送れたらと思い、記事を書くことにしました。 今回は、初回として「おみやげ選びに必要な4か条」を書いていきます。

 

1.「口」と「足」つかう


・口  

最初に述べておきますが、やはり自分で味を確かめて選ぶのが一番良いです。もし気になったおみやげに試食が用意されていたら、ぜひ試してください。
もちろん全てのお店のおみやげを試食できたら良いのですが、そんなことはまず無いですし、広い空港内ですべてのおみやげを試食していくのは大変ですよね。
そこでこの記事で気になるおみやげを見つけていただいて、最後に自分の「口」で確かめて購入することをおすすめします。
自分が食べてみて納得したものであれば、自信を持って渡せるはずです。

・足

自分の足で出向くことで、思いがけない出会いもあります。ネットには載っていなかったけど自分には刺さるようなおみやげも存在するかもしれません。
一部の店舗では、試食をおおやけに配っていないだけで実は用意しているというところもあります。
それはじっさいに行ってみなければ分からないので自分の足で探し歩くのも決して無駄なことではありません。

 

2.日持ちと持ち運び


これを事前に調べている人はあまりいないような気がします。
この2つが全てではありませんが、調べておけば買うものも絞れますし、かなり効率がよくなります。

・常温保存か冷蔵保存か。

・冷蔵保存の場合、保冷剤は何時間までつけてもらえるか。

・機内への持ち込みは可か。

できる限り調べておきましょう。

 

3.売られている地域の確認


あるおみやげを買って行ったら、地元にも同じお店があったという経験、皆さんにはありますか?
そのお店が展開している地域を調べておくと、このような失敗をしないですみます。
さらに魅力的なのは、「羽田空港限定」のおみやげを狙うことです。羽田空港にあるおみやげ屋さんが全国に展開されていることは珍しいことではありませんので、購入するおみやげ自体に「限定」がついているものを狙ってみるのも良いと思います。

 

4.おみやげの形態


「小包装か」を確認することも大事なのですが、さらに「個数」も確認してほしいです。
足りないのはもちろん大問題ですが、食べきれないほどのおみやげを買ってしまうと受け取る側を困らせてしまいます。

 

当たり前だと思うような4か条かもしれませんが、お客さんの中で事前に調べてきた人はほとんどいませんでした。
試食を食べて、もうこれしかない!とレジまで行くのですが、賞味期限が短いために買うことができない方や、ちょうど良い個数がなくて肩を落として去っていくお客さんは大勢います。

ベストなおみやげを探すためには、下調べが必要です。
その下調べの参考になるように、次回から羽田空港のおみやげを紹介していきたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました!

The following two tabs change content below.