Googleストリートビューの面白NEW機能|「タイムマシン」を使ってやってみたいこと

図3

みなさん、こんにちは。SSCの佐藤です。

もうご存知の方もいらっしゃると思いますが、Googleのストリートビューに、時間を遡ることができる正に「タイムマシン」な機能が追加されました。4/24からのサービス開始で、ストリートビュー提供開始の2007年以降、世界中の色々なスポットの変遷や、季節・時間帯による変化を見ることができるようです。

見たい場所のストリートビューの画像左上部に時計のアイコンが表示されると対象地点で、全てのスポットに対応している訳ではないようです。早速、私もストリートビューサーフィンをしましたが、対象地点を見つける前に軽く酔ってきたので断念しました。

みなさん、対象地点探してみてください!

BN-CM287_google_G_20140422213617
参照元:http://jp.wsj.com/article/SB10001424052702304334104579521013159032146.html#articleTabs%3Darticle

思えば、世界中の人々が昔の写真を持ち寄って、自由にアップロードできるサービスがあれば面白いし、すごく長い目で見た時に非常に有益なデータベースになるなぁと思っていましたが、なんのことはない、Google先生が実現してくれました。

なので今回は、この「タイムマシン機能」を使って楽しむ方法をご紹介します。

馴染みある街の昔を回想する

図3

2007年以前の画像がないので、たった7年と思ってしまいがちですが、案外街並は変わっているものです。画像は、SSCの事務所がある浦和駅周辺の数年前の様子。現在は改装工事が一段落してすっかり広くてキレイな駅に生まれ変わっています。

家族や友人と一緒に見ると、「そういえば、〇年前まで〇〇だったよねー」的な会話が弾みそうですね。

季節の移り変わりを楽しむ

_2011_4_2013_10_
参照元:http://googlejapan.blogspot.jp/2014/04/blog-post_7742.html

こちらは京都の春と夏の様子。自宅にいながら、全国の桜の名所を散策して回ったり、旅行先の様子を事前に調べたりすることができますね。地域によっては雪を見たことがない、という方もいらっしゃると思いますが、北海道や東北地方の冬バージョンなら、あたり一面雪景色を体験できそうです。

新たな建造物が建設される様子を見る

最初の画像は、ニューヨークのワールド・トレード・センタービルの跡地に、新しいビルが建てられていく様子です。そもそも、あんなに高いビルが建っていること自体知らなかった。。

最近の日本では、スカイツリーの建設が進む様子を、数段階に分けて見ることができるようです。
図5

失われた風景を回顧する

BN-CM288_google_G_20140422213901
参照元:http://jp.wsj.com/article/SB10001424052702304334104579521013159032146.html#articleTabs%3Darticle

新しいものができていく様子を見られる一方で、自然災害で失われてしまった風景を回顧することもできます。私自身、東日本大震災後の岩手県宮古市を訪問した際は、以前の街並を想像できないほどの、津波の脅威を目の当たりにしました。

下の画像は、2013年7月時点の「たろう観光ホテル」の様子です。少しずつですが、復興が進んでいる様子を見ることができます。
図4

歴史を体感する

200905040953118f2
参照元:http://terukobo.blog84.fc2.com/blog-entry-697.html

歴史博物館などで見るジオラマって、なぜかとてもワクワクしますよね!?

もちろん、現時点では歴史を体感できるほど過去に遡ることはできませんが、10年先・100年先を生きる人たちは、こういったサービスを活用して歴史をより身近に・より深く知ることができるのだと思います。ちょっとうらやましいですね。

終わりに

そういえば先日、私の自宅の前をストリートビューの撮影車が通り過ぎました。歩いている時にすれ違ったので(しかもカメラ目線!)、そのうちストリートビューデビューするかも知れません!(まぁ顔はモザイクですが

この「タイムマシン」機能は、時の経過に比例して価値がどんどん高まります。歴史学習も一例ですが、その他にも様々な場面で、人間の想像力を補完するようなサービスが生まれることに期待できますね。

みなさんも是非、一度体感してみて下さい!

(くれぐれもストリートビュー酔いに気を付けて。)