英語学習のWebサイト紹介 6選

こんにちは、高橋です。

今日は、英語を学びたい方におすすめのWebサービスを紹介したいと思います。
英語を学びたいけど時間がない、気軽に学んでみたいという方は、ぜひご覧ください。
 

英語学習:スペースアルク

スペースアルク

スペースアルクは、語学教材の販売を手掛けるアルクが運営しているWebサイトです。
「レベル診断テスト」や「英会話」、「初心者英語」、「TOEICテスト対策」など、利用する人の目的に応じたコンテンツを学ぶことができます。

「翻訳・通訳」のコンテンツは、翻訳・通訳のプロを目指す人をサポートするコンテンツで、翻訳の仕事や海外で翻訳・通訳を学ぶ手段などについて書かれています。
また、「ニュース・ビジネス英語」のコンテンツでは、政治からエンターテインメントまで、やさしい英語で国内外のあらゆるニュースを読むことができます。
そして、映画で英語を楽しく学びたい方向けに「映画で英語」のコンテンツもあります。
毎日更新されるのは、「今日は何の日映画の日」というコンテンツで、その日は過去にどんな出来事があった日か、関連する映画&英語とあわせて紹介されています。
「映画フレーズつまみぐい」というコンテンツは、話題の映画の中から、会話の幅を広げる英語表現を紹介しています。

英語が学べるWebサイトの中では、利用者がとても多いサイトだと思います。
目的に応じた勉強ができ、たくさんの人が使えるサイトです。
英語の勉強を始めたい方、英語力を伸ばしたい方におすすめしたいサイトになっています。
 

Gaba style 無料で英語学習

Gaba style

Gaba styleは、英会話スクール「Gaba]の関連サイトです。Gaba styleは、「English」、「Life style」、「Communication」の3つをキーワードに、「英語を使ったコミュニケーションの楽しさ」と、「英語のあるライフスタイルの豊かさ」を発信しています。
シチュエーションに応じた会話例をコンパクトに紹介する「英会話講座」、映画で使われた単語を取り上げる「シネマEnglish」などのコンテンツがあります。
他にもオフィスで使うことができる「オフィス英会話」、英語でこれは何というのか?について書かれている「なるほど英語」などもあります。映画監督やハリウッドスターにインタビューした「スターインタビュー」もコンテンツの1つです。
「スターインタビュー」は、字幕なしの動画があるので、映画監督さんや俳優さんのインタビューを聞き取ってみたい方におすすめします。
インタビューの解説は、英語と日本語の両方が書かれているので、勉強するのにはぴったりだと思います。

英語の紹介が分かりやすいGaba styleは、英語が苦手という方におすすめします。
映画好きの方にもおすすめしたいサイトになっています。
 

オンライン英会話のEcom英語ネット

ecomネット

スカイプ英会話の実績が10年もある信頼できるオンライン英会話サービスです。
自分に合ったペースで英会話を勉強することができ、ネイティブ講師と質の高いレッスンを受けたい方を対象としています。

Ecom英語ネットの特徴は、5,000倍の競争率を潜り抜けてきた優秀な講師で構成されている「厳選ネイティブ講師」、ポイントを使用して自分の好きな時間に好きな講師のレッスンを受けられる「ポイント制の料金体系」、ビジネス英語、TOEIC、TOEFL、IELTS、英検などの50以上の専門クラスが用意されていること、24時間受講可能なこと、安心サポート体制,といった点が特徴です。

自宅で気軽に受けられるため英会話学校に行くよりも便利で安いため、スカイプをしたことがある方はもちろん、したことがない方にもぜひおすすめしたいサービスです。
英語の他にも、フランス語、ドイツ語、スペイン語、中国語などの言語学習サービスがあるため、英語以外の語学を学んでみたい方にもおすすめです。
 

TED

ted

TEDは、企業家・思想家・研究者・革命家をはじめ、世界で活躍するさまざまな著名人のスピーチが掲載されているサイトです。
TEDが主催している講演会(TED Conference)では、学術・エンターテインメント・デザインなど、あらゆる分野のプロフェッショナルがすぴーちを行っています。

講演会は、1984年に身内での集まりとして始まりましたが、2006年から講演会の内容をインターネット上で無料で配信し、それを契機にその名が幅広く知られるようになったそうです。
講演者には、ジェームズ・ワトソン(DNAの二重螺旋構造の共同発見&ノーベル賞受賞者)、ビル・クリントン(元アメリカ合衆国大統領&政治家)といった著名人が多いですが、最も大切にされるのはアイディアであり、一般的には無名な人物も数多く選ばれてプレゼンテーションを行っています。

音源は5分から20分と短く、反復を必要とする英語学習には最適な長さと言われています。
そのうえ、映像の字幕には日本語・英語の両方が付いているので、勉強がしやすいです。
また、講演会に出席するには年会費7,500ドル(750万円以上)支払うことによって会員になる必要がありますが、それが無料で見られるこのサイトは、お得なサイトです。
 

edx(エデックス)

edex

edxは、世界のトップクラスの大学から構成される非営利機関です。
ハーバード大学とマサチューセッツ工科大学が共同で設立しています。

edxでは、オンライン授業とキャンパス授業の互換性の実現に焦点をあて、画期的な方法論、学習・ゲームのような体験、最先端の研究などがオープンソースのプラットフォーム上で提供されています。
受講者の世界的なコミュニティを形成すべく、すべての年齢・地位・所得の学生に感動的で意識を変革するような知識を提供しています。
日本では、京都大学がedxへ参加しています。
医学・工学・化学・歴史・芸術などのさまざまな分野の授業を受けることができます。

edxは、オンラインを通して学位などは取ることができませんが、他の大学の授業を無料で受けることができる利点があります。
さまざまな分野の多くの人が興味を持てるコンテンツがありますが、レベルが高そうなオンラインサービスだと思います。
アメリカの大学の授業に興味がある方、英語能力があり、大学の講義のような形で英語学習をしたい方におすすめのサイトです。
 

ネイティブと相互添削で外国語学習 | 外国語を学習するならLang-8

lang-8

世界100カ国以上のユーザーが参加するコミュニティサイトです。
学びたい外国語を書けば、ネイティブが添削してくれます。
Lang-8の特徴や対象者は、Writing(筆記)の学習に日記を1人で書いてみるも続かないような方、ネイティブに無料でWritingの添削をしてほしい方、助け合い精神が大好きな方、文章のレベルが不安だが、同じレベルの人がたくさんいると安心する方などです。

Lang-8は、用意されたコンテンツで勉強するのではなく、生身の人間同士の交流で生きた言語と文化の交流を促進していきたいと考えているそうです。
添削という形ではありますが、相手国の文化が分かったり、海外の友達を作れる場所にもなっているそうです。
ユーザは190ヶ国以上からアクセス、学習可能な言語は90言語あるため、各国の良きパートナーをたくさん見つけることができます。
TwitterアカウントやFacebookアカウントで登録することができます。
lang-8は、Writing能力を伸ばしたい方、外国人の友達を増やしたい方におすすめしたい英語学習サイトです。

 

英語を勉強したい方は、たくさんいると思います。時間がない方も忙しい方もWebサービスの英語学習なら簡単にできるのではないでしょうか?
今回紹介したサービスを参考にして、英語の勉強を始めてみてください。