愛媛の「赤石五葉松」販売はじめました。

bonsai_001

こんにちは、岡部です。

昨日放映された「モヤモヤさまぁ〜ず2」、舞台が埼玉県大宮でした。
ご覧になられた方はいらっしゃいますか?

http://www.tv-tokyo.co.jp/samaazu2/library/131110_01.html

現在の弊社の拠点は浦和ですが、浦和に来る前までの2年間は大宮を拠点に活動していましたので、このような全国区のテレビ番組で住んでいた地域が放映されると、結構嬉しいものです。

私以外のメンバーは全員埼玉県出身なので、中には録画しているメンバーもいたようでした。(実は見逃していて、放映の事実は今日知ったなんて言えない。今度見せてもらおうっと。)

番組の中で、さまぁ〜ずが老舗の盆栽店・清香園を訪れ、盆栽の指導を受けるという内容が放映されていたようです。さいたま市には「盆栽村」という村があり、市として盆栽美術館を運営していたり、ご当地のサイダーとして「大宮盆栽だー!!」という飲み物を推していたりと、何かと盆栽に縁のある地域だったりします。

http://www.tv-tokyo.co.jp/samaazu2/library/131110_04.html

盆栽といえば高齢者の趣味的なものとしてイメージされる方が大半かと思いますが、近年のガーデニングブームの流れから、若者を中心にミニ盆栽が流行ったり、海外では「Bonsai」という愛称で親しまれ、輸出額が年々増え続けていたりと、幅広い年齢層へ、様々な国へ、徐々に広がりを見せているようです。

盆栽の産地としては、今回モヤさまで紹介された埼玉県の他、香川県、愛媛県などが有名です。中でも、愛媛県の赤石山一帯に自生する「赤石五葉松」という五葉松は、盆栽として育てるには非常に優秀な性質を持っているそうですが、現在は愛媛県の指定天然記念物に指定されているため、自生しているものを採取することはできなくなっています。

SSCは赤石五葉松の盆栽を販売しています。

ここまで前振り、ここからが本題宣伝です。

実は私たち、愛媛県の盆栽園森高組という盆栽園と縁があり、現在はもう採取ができない赤石五葉松の盆栽を販売しています。

bonsai_001
どーん。
私たちが販売している赤石五葉松の盆栽です。

盆栽自体、ひとつひとつ固有の形状をしているので一品ものではあるのですが、私たちが販売している赤石五葉松は、まだ天然記念物に指定される前の時代、赤石山に自生している五葉松を採取/栽培したものなので、一品ものにも程がある、すごくレアな品物なのです。

赤石五葉松撮影の様子

去年の冬、愛媛にて赤石五葉松の撮影をしてきた様子を、少し紹介します。

bonsai_002
これ、ほぼ全部赤石五葉松。

bonsai_003
後ろに白いシートを敷いて、パシャパシャと。

bonsai_004
重すぎて持てないものはシートを持っていって撮影。
加工前のアナログ感満載です。

bonsai_005
枝振りがステキ!

bonsai_006
幹の古い感じがイケてる!

bonsai_007
根っことかもカッコイイ!

……盆栽にあまり詳しくなく、先ほどから感想が小学生並みで申し訳ありません。ですが盆栽を知らない私でも、実物を前にすると、長い年月ゆっくりと育てられてきたという事実とその佇まいに、言葉では言い表せない荘厳さや、奥深さのようなものが感じられ、少し感動してしまいました。きっと、造詣の深い方が見ればその良さが伝わるのではないかと思います。

モノがモノなだけになかなか買いにくい価格設定になっていますが、相場をご存知の方が見ればかなりお買い得な品物(のハズ)なので、ご興味のある方は、是非ご覧ください。

ここから買えます:赤石五葉松の販売|盆栽園 森高組

全部で1,000鉢以上あり、全て載せきることができませんでした。こんな形ある?実物見たいんだけど?など、ご質問やご要望も承りますので、お気軽にお問い合わせください。

The following two tabs change content below.
岡部 征爾

岡部 征爾

取締役副社長
熊本県出身。SSCのディレクター兼デザイナー。猫飼い、バイク乗り、隙あらばライブに行きたい人。レスポンシブデザイン、WordPressが得意、three.js勉強中。企画提案からデザイン、開発まで、一通り担当してます。